就職活動におけるセミナーでの質問

新卒者の就職活動の場合、就職採用試験が開始する前に、数回の就職セミナーがあり、会社との接点が持てます。企業セミナーに参加しておくことで、就職試験を受ける前に、その会社の業務内容や、社員の雰囲気などを知る機会が得られます。
企業は、就職採用面接を行う時に、セミナーに来ていた人を優遇したり、加点を施したりといったことはありません。採用試験では、セミナーに来ていたことが全くなくても、評価をしてもらえます。ただし、セミナーでいい印象を残していたかを、チェックしている会社も存在します。人事の担当者が印象に残っている人物とは、多くの場合、就職セミナーの中で、能動的な質問をしたことがある人物かどうかです。企業説明会に参加する時は、質問をする時くらいしか、発言のチャンスはまずないといっていいでしょう。
セルフプレゼンテーションを行うためには、就職セミナーに行く時には、疑問点や、確認したい部分を洗い出しておきましょう。友達が始めたことから、自分も就職活動をするようになったとか、わずかに早く始めたという人がいるくらいで、就職活動の開始時期は、みんな似たようなものです。セミナーの時に、踏み込んだ質問をしてこれるかどうかが、就職活動へのやる気があるかどうかをはかるきっかけになります。
面接でのやり取りと違って、就職セミナーでの質問はしなくても構わないことなので、質問をしたいという人しか質問は投げかけません。就職セミナーに参加してきた人が、会社についてどこまでの理解ができているかを知る指針として、質問を受けることはわかりやすい要素です。希望する企業からの内定をもらうためには、就職セミナーに行く段階から、質問を用意するなど、情報収集を怠らずにしておくことです。